島研究室の学生(市川祐実さん)が研究発表で優秀発表賞を受賞

令和2年11月15日(日)~16日(月)に開催された、新学術領域研究「植物構造オプト」第2回若手ワークショップにおいて、本環境科学科の卒業生である修士1年の市川祐実さん(指導教員: 島 弘幸)が優秀発表賞を受賞しました。

この若手ワークショップは、科研費・新学術領域「植物構造オプト」が主催したオンライン型の研究集会で、同領域に所属する計画班12グループ、公募班12グループから計102名が参加しました。ここで発表した学生・教員の中から、投票によって選ばれた若干名に対して、優秀発表賞が贈られました。

市川さんの受賞テーマは「樹枝の応力均一分布に関する一考察」です。自然に繁茂する樹木は、枝先の葉に十分な太陽光が当たるように枝を伸ばしつつ、過度な力学的負荷がかからないよう自律的に力学的最適構造を形成していると推測されます。市川さんは、この最適構造を解明すべく、枝の幾何形状や荷重条件と力学応答の相関関係を解析し、研究成果として報告しました。

受賞した市川さんからは下記のコメントを頂いています。
「今回優秀発表賞に選出して頂き、ありがとうございます。一生懸命準備をしたことが認められて大変嬉しく思います。島教授をはじめ、ご指導、ご協力頂いた方々に心より感謝申し上げます。」

この度の受賞、誠におめでとうございます。

オンライン集会の集合写真 (写真の引用元