島教授が「あおぎり講座」で講演しました
2019年11月01日|活動報告

毎年、山梨大学 附属小学校では、小学5・6年生(および保護者)を対象とした「あおぎり講座」が開かれます。

今年はこの講座に、本学科の島教授が参加し、附属学校の児童にむけた授業を行いました。

●日時: 2019年10月26日(土) 11:00−11:45
●タイトル: 身近にあふれるフシギな科学
●概要:水は透明なはずなのに、なぜ海の水は青く見えるのか?80℃のお湯に触るとヤケドをするのに、なぜ80℃のサウナには平気で入れるのか?…私たちの身の回りには、たくさんの疑問と不思議があふれています。この講座では、普段の生活で目にする日用品や自然現象を例に挙げて、それらの科学的な仕組みをやさしく説明しました。


最新情報
ページの先頭に戻る