卒業生の武川さんが日本微生物生態学会第33回大会にて優秀ポスター賞を受賞
2019年09月25日|お知らせ

9月10〜13日、山梨大学甲府キャンパスで開催された「日本微生物生態学会第33回大会」にて、本学科の卒業生で、現在は本学大学院生命環境学専攻地域環境マネジメントコース2年に在籍中の武川悦子さん(指導教員:田中靖浩准教授)が、優秀ポスター賞(学部・修士課程学生の部)を受賞しました。
受賞した研究タイトルは「水生植物ウキクサと親和性・定着性の高い微生物の検索」で、得られた成果は水生植物のウキクサを利用したバイオマスエネルギー生産や廃水処理に役立つものとなっています。

武川さんは3月に開催された第53回日本水環境学会年会でも「クリタ賞(優秀発表賞)」を受賞されており、本年に入ってから2回目の優秀発表賞の受賞となります。

本当におめでとうございます!

↑懇親会での授賞式の様子


最新情報
ページの先頭に戻る