教員

研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
坂本 康  教授
【専門分野】
水質水文学
【主な研究テーマ】
水循環に伴う汚染物質の移動と地下水汚染
地表の物質は雨により地下に浸透し、地下水汚染を引き起こします。汚染は地下水の流れにのって広がっていきます。これらの過程は、物理学、化学などのさまざまな要素が関係する複雑な過程です。そこで、このような水の動きと水質との関係を明らかにするための研究を行っています。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
竹内 智  教授
【専門分野】
環境科学、プラズマ物理
【主な研究テーマ】
廃食用油からバイオディーゼル燃料を精製
バイオマス(生物資源)は、再生可能とカーボン・ニュートラルという性質を持つことから、温暖化を防止する役割があります。そこで、家庭や給食、食堂などで使用された廃食用油を軽油代替のバイオディーゼル燃料にリサイクルし、日常的に活用するための研究に取り組んでいます。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
御園生 拓  教授
【専門分野】
環境生物学
【主な研究テーマ】
藻類の生化学・環境応用~生命の進化的理解
地球上の多様な環境に適応し、生態系において重要な役割を担っている藻類と光の関係についての生理・生化学的な研究や、藻類を利用した環境負荷低減システムの開発に加え、進化生物学・進化心理学的なアプローチによる、環境と調和した持続可能な社会創出の可能性を探求しています。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
風間 ふたば  教授
【専門分野】
環境化学
【主な研究テーマ】
水中の化学物質の調査と安全な水利用
私たちが安全に水を使い続けられるよう、水中の化学物質などの調査、都市の河川水質予測、途上国(今はネパールを対象)における簡易水質浄化方法などについて研究を続けています。また小学生などを対象とした環境教育にも長年取り組んでいます。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
西田 継  教授
【専門分野】
環境動態解析
【主な研究テーマ】
流域の健康影響評価
水は流域で暮らす人間と自然生態系に欠かせないものであり、その質の変化が時に深刻な影響をもたらします。森林から流出する栄養元素の量、都市や農業が栄養循環に与える影響、微生物による地下水汚染のしくみ、水利用と病気の関係などについて、山梨や東南アジアで調査と研究を行っています。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
松本 潔  准教授
【専門分野】
大気化学、地球化学
【主な研究テーマ】
大気中の微量化学成分の動態と環境への影響
大気中には様々な微量化学成分が存在し、大気の熱収支や雲形成、地球上での物質循環において重要な役割を担っています。その中でも特に、エアロゾル(微粒子)や降水に含まれる微量化学成分に注目し、その大気における動態や除去機構、大気環境や生態系への影響について研究を行なっています。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
石平 博  准教授
【専門分野】
水文水資源学
【主な研究テーマ】
衛星観測・数値モデルによる河川流量推定
自然環境に配慮しながら人間が上手に水を利用するためには、川を流れる水の量(河川流量)を把握する必要があります。そこで、最先端の数値モデルや衛星観測技術を用いて世界の様々な地域における河川流量を推定・予測する方法の開発に取り組んでいます。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
岩田 智也  准教授
【専門分野】
水域生態学
【主な研究テーマ】
流域生態系における食物網の構造と動態
流域内に入力したエネルギ-や栄養塩は、陸上・ 川・湖沼・都市などの食物網を駆動しながら海洋へと運ばれてゆきます。このような物質フロ-の経路とダイナミクスを調べることで、流域生態系における生物群集の維持機構を明らかにしてゆきます。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
小林 拓  准教授
【専門分野】
大気科学,海洋光学
【主な研究テーマ】
大気および海洋環境を対象とした光学観測
広範囲にわたる地球環境を調べるために、宇宙から地球を観測する衛星リモートセンシングという技術が活用されています。本研究室では、沿岸域の汚濁や気候に影響を与える大気中の微粒子の量や特性をリモートセンシングにより推定するための基礎的な研究を行っています。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
島 弘幸  准教授
【専門分野】
数理科学、理論物理学
【主な研究テーマ】
自然に学ぶ「カタチ」の科学技術
巻貝の螺旋構造や雪結晶の六角構造など、自然環境には様々な美しい「カタチ」が散在します。私達はこれら自然の造形美に注目し、動植物や生体組織が創発する機能(=情報伝達機能・エネルギー循環機能など)の理解と模倣を経ることで、環境調和型の新しい技術・材料の実現を目指しています。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
鈴木 保任  准教授
【専門分野】
分析化学
【主な研究テーマ】
簡易な分析法及び分析装置の開発
高性能な分析装置は大型で高価であるため、研究室から持ち出すことはできません。一方で、小型の装置や簡単な分析法があれば、その場で測定結果を得られます。このような装置を開発することにより、分析に掛かる時間や費用の低減を目指しています。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
田中 靖浩  准教授
【専門分野】
環境微生物学
【主な研究テーマ】
微生物を利用した環境の保全と修復
地球上には多種多様な微生物が生息していますが、その中には界面活性剤(洗剤)や農薬、環境ホルモンといった環境汚染物質を分解できる微生物も存在します。そこで、このような微生物を様々な環境試料から探し出し、新しい環境保全・修復技術の開発につなげるための研究を行っています。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
馬籠 純  助教
【専門分野】
水文水資源学
【主な研究テーマ】
流域~全球スケールの水循環
水循環と社会の関係性について、流域スケールと全球スケールの2つの視点ら研究を行っています。衛星・GIS データ等の大量の情報の収集・解析と、水文モデル等の数値モデルを駆使することに加えて、得られたデータや研究成果をより効率的に活用・共有する方法の開発にも取り組んでいます。
研究者総覧へ
研究室ホームページへ
研究紹介へのリンク(PDF)へ
片岡 良太  助教
【専門分野】
土壌微生物学
【主な研究テーマ】
土壌微生物の生態と有効利用に関する研究
微生物の機能を利用して環境を制御することを目標に研究を行っています。特に土壌微生物を利用し、アンバランス化または汚染した農耕地の土壌環境を健全化することに力を入れています。室内実験と屋外での調査・研究を互いにフィードバックさせながら自然の実態に肉薄したいと考えています。
ページの先頭に戻る