オリエンテーション合宿を実施しました
2018年04月16日|活動報告
4月13(金)〜14日(土)に新入生を対象としたオリエンテーション合宿を実施しました。この合宿は毎年恒例の行事で、新入生に「環境科学科」の教育方針や山梨県都留郡富士河口湖町にある富士五湖の一つ、「西湖」の畔に建つ民宿「ひがしむら」にて行われています。
 

 

<1日目の様子>

 

↑到着後、施設説明などを…

↑研修会の前にまずは腹ごしらえ…。今回のメニューはメインが豚しゃぶでした!

↑研修会(その1)は風間学科長の講話!環境科学科の教育方針の他、ありがた〜いお話を40分程度。新入生の皆さん、真剣に聞き入っていました。

↑研修会(その2)は教員-学生間の交流会。お菓子を食べながら、大学の授業や生活、研究の話などをしました。

2つの研修会後は自由時間となりましたが、新入生の皆さんは明け方近くまで交流を深めていたようです。

 

<2日目の様子>

↑宿舎を出発し、道の駅なるさわ近辺で記念撮影。朝は雲がかかっていなかった富士山ですが(左の写真)、撮影時は残念ながら、かなりの雲が…(右の写真)。

↑忍野村にある山梨県立富士湧水の里水族館へ…。ここには山梨県内の河川や湖沼に生息している淡水魚や水生生物等が展示されています。

↑ドクターフィッシュに手指をお掃除してもらっているところ…。

↑2020年に出荷予定の養殖魚「富士の介」(ニジマスとキングサーモンを交配したもの)も展示されていました!かなり美味とのことです…。

↑水槽のトンネルでニジマスの群れを仲良く観察しているところ…

水族館の見学後は、お昼過ぎに大学に帰ってきました。皆さん、お疲れ様でした。


最新情報
ページの先頭に戻る