環境科学科が育てる人材像

環境問題は私達の暮らしに関わる問題が非常に複雑に絡み合い、一人の専門家の能力ではとても対応しきれなくなっています。チームとして問題の解決に当たる必要があり、チームがうまく機能するには様々な分野の基礎的な知識を持っている様々な人材や、その連携をとるコーディネーターも必要です。そこで環境科学科では、個々の専門分野の能力を持ちつつ、総合的に物事をバランスよく見ることができる人材、思いやりを持って人々の将来を考えられる人材を育てます。

 

ページの先頭に戻る