開講科目一覧

基盤となる科目群(専門基礎、専門発展-共通)の上に、環境の評価に重点をおいた「環境評価系」と、環境の管理に資する「環境管理系」の各科目群を配置し、それぞれの系に重点を置いた履修モデルを通じて環境科学を系統的に学習できるようになっています。

詳しくは、開講科目一覧表 をご覧ください。

環境科学科での学び

1.生命環境学と理系科目に関する基礎を学びます

生命環境学に関する科目 共生科学入門、生命環境基礎ゼミ、生物資源論、生物資源実習、生命科学概論、食物科学入門、環境科学入門、経済経営学入門、リスクマネジメント概論、生命倫理学
理系基礎に関する科目 情報処理及び演習、基礎統計学、基礎統計学演習、基礎数学、基礎物理学、基礎化学、基礎生物学など

2.環境問題に関係する物理学・化学・生物学・地球科学・情報学系のさまざまな内容を学びます

生物学系の科目 生態学、微生物生態学、多様性生物論、植物生態学
化学系の科目 環境分析化学Ⅰ、環境分析化学Ⅱ、環境化学、環境毒性学
地球科学・物理学系の科目例 地球環境科学、気象学、水循環学、システムダイナミックス及び実習
情報系の科目 環境モデリング及び実習、環境情報学及び実習
複数の分野にまたがる科目 水圏科学、土壌科学、大気環境科学

3.どのように環境を測定するかということと環境保全のために何をするかということの両方を学びます

環境の測定に関する内容 大気環境・河川環境・生物環境の調査(環境計測実習、環境調査実習)、環境汚染の測定(環境アセスメント実習)
環境の保全に関する内容 人間活動の環境への影響の予測(環境影響評価)と最小化(環境保全学、環境マネジメント実習)

4.実験・実習・演習により環境に関係する科学的手法・技能を学びます

環境計測実習 大気汚染・大気環境の調査、河川の水文・水質環境の計測を行うフィールド実習
環境調査実習 多様な生態系の動植物から微生物までの様々な生物群集と環境の物理化学的要素との関わりを学ぶフィールド実習
環境アセスメント実習 微量有害物質、農薬や揮発性有機物、重金属、有機汚濁関連物質、安定同位体比の測定の実習
環境マネジメント実習 汚濁負荷量の推定、上下水道計画、農業の環境負荷・生態リスクの推定などを行う実習

5.環境科学以外で環境に関わることも学びます

共生社会経営学科が担当する科目 科学技術政策論、エネルギーマネジメント、環境政治論、環境経済政策論、環境法など
生命工学科が担当する科目 バイオインフォマティクス、遺伝子工学
医学部が担当する科目 生命科学方法論、環境健康科学

進路を見据えて学ぶ

1.環境を測定・評価したり、環境保全計画を作ったりする企業で働きたい

環境に関する仕事をする企業で役立つ最新の知識・技能を学べます。

2.自治体、NPO、NGOやさまざまな企業の中で環境の専門家として活躍したい

環境に関する各種の資格の受験に役立つ知識を学べます。

3. 環境に関する知識を教育に活かしたい

大学卒業に必要な科目が、同時に、高等学校教諭普通免許状(理科)取得に必要な「理科」に関する科目になるよう現在申請中です。

4.環境に関わる研究者として活躍したい

総合的に環境を研究する能力が身に付きます。

ページの先頭に戻る