学科の概要

環境科学科について

本学科の基本方針

環境科学科では、環境に関する自然科学の知識を基礎とし、自然環境と人間社会の共生を目指し、主として自然科学的な方法によって食料問題や環境問題をとらえ、環境調和型の人間活動を基盤とする地域社会の持続的な繁栄に貢献できる人材を養成します。

本学科の目的

環境科学科では、農作物を始めとする生物資源の持続的な生産を支える土壌、水、大気の保全や生物生産の現場と周囲の生態系との調和を通して、自然と共生した豊かで持続可能な社会の形成に貢献できる人材を養成します。このため、環境にかかわる自然科学の知識を基礎とし、各種のフィールド調査技術、地理情報システムなどの環境情報解析技術、環境影響予測技術、環境保全計画作成などの環境管理技術の修得を目指した実践的な教育を行います。また、自然環境の調査・評価・管理を通じて安全な生物資源の生産並びに国内外の環境やエネルギー、食料問題等の解決を目指した教育研究を行います。

環境の評価に重点をおいた環境評価系と、環境の管理に資する環境管理系の各科目群に加え、環境調査・分析技能等の習得を目指した各種の実験・実習科目を置き、系統的な環境の評価及び管理能力を涵養します。

パンフレット

 

学科紹介・研究紹介パンフレット

  

学科紹介パンフレット

  

 

 

ページの先頭に戻る